今どきの葬儀事情


「家族葬」が増えた理由


なぜこんなに家族葬儀が増えたのか


これまでのお葬式といえば、「○○家葬儀・告別式」として、代々信仰してきた仏教や神道などの宗教に沿って行われるのが一般的でした。
遺族側は、親族のみならず、仕事関係者、友人、知人、地域の人たちに広く知らせることが大事なこととされ、参列する側は、義理を重んじ、少しでも故人と係わりがあれば出席する事が礼儀とされてきました。
時代的な背景や経済的事由から、こうした旧来型のお葬式は、すっかり形態を変え、今では小規模化が進み、家族や親族だけの少人数で故人とのお別れをしたり、或いは生前に親交が深かった方だけにお知らせして参列していただく「家族葬」がごく一般的になってきました。






香典の返礼とは





ECOなお葬式は、1日1葬儀をモットーにご家族様を中心としたほのぼのと心温まるお葬式をコーディネート致します。
ご家族様がお葬式について何を望まれておられるのか、対象者様に対する思い入れの大きさと深い悲しみの奥底から感じとれるものは何かを、私共ができる可能な限りのご提案をさせていただきます。
事前のご相談から事前予約まで、ご納得のいくまで、ご説明させていただいております。




お葬式の流れ‐病院死亡の場合‐










初七日法要





  

京都府下で唯一国家資格「行政書士有資格者」が主宰する葬儀会社です


「すごく助かる…」をお約束します

お葬式の後で、ご遺族様にはしなければいけない
面倒でやっかいな諸手続きが必要となります。
こうした手続きをしないと不利益を
被ることにもなりますので、是非ご相談ください。